院長紹介

ご挨拶

院長 渡邊 美紀
  • みなさま、こんにちは。
    院長の渡邊美紀です。
  • 小児科医になって20数年、これまでたくさんのこども達の診療に携わってきました。一般的な風邪の病気から専門機関での治療が必要な重い病気のこどもまで、山梨の大学関連病院から、夫の仕事の都合で東京、札幌へと渡り、主に市中病院で診療してきました。
  • 診療における医師としての一番のやりがいは何と言ってもこどもの笑顔です。その可愛らしく力強いパワーによって、私は今日まで小児科医を続けることが出来ました。
  • 私には二人の高校生の息子がいます。子供が就学するまでは仕事は繋ぎ程度に細々と行い、子育て中心にやってきました。当時は仕事のキャリア面での焦りはありましたが今となっては母親としての大切な時間であったと同時に子育てを通し小児科医としてかけがえのないものを得ることが出来たと思っています。先が見えず結果がわからない育児は心配と不安の連続ですがそれも全て貴重な経験となっています(まだ途中ですが)。
  • 息子が病気した時の不安な気持ち、辛さは何度も経験し、初めて親御さんの気持ちが分かった時もありました。その経験からお子様が具合の悪い時の不安を少しでも和らげ、その気持ちに寄り添いながら回復への手助けが出来たらと思っています。
  • これからも一人でも多くのお子様、親御さんの笑顔に出会えるよう、健やかなる発育を願い尽力に努めたいと思っております。どうぞよろしくお願い致します。
  • 成城コスモス小児科
    院長 渡邊 美紀

略歴

出身高校
東京学芸大学付属高等学校
1997年
山梨医科大学(現在、山梨大学)医学部卒業
1997年
山梨医科大学付属病院 小児科
1998年
山梨県都留市立病院 小児科
1999年
山梨県山梨厚生病院 小児科
2001年
山梨県韮崎市立病院 小児科
2004年
東京北社会保険病院 小児科
2007年
北海道江別市立病院 小児科
2012年
札幌徳洲会病院 小児科
2018年
都内小児科クリニック

所属学会

  1. 日本小児科学会
  2. 日本アレルギー学会
  3. 日本夜尿症学会

資格

  1. 日本小児科学会 小児科専門医
  2. こどもの心相談医

院長の
ひとりごと

子どもの遊び(2020.8.21)
このコロナ禍で自宅で過ごす時間が増え子供達のゲーム機やスマホ、インターネットなどのメディアに関わる時間が増え社会問題となっております。そこで子どもの遊びについて自分の経験をお伝えします。(ここで言う子どもとは今や高校生の二人の私の息子ですが・・)2~4歳:車が好きでとにかくトミカ(100台は集めました)、プラレール、レゴ、ベネッセのこどもチャレンジ、4~6歳:アクションヒーローグッズ、やや難易度の上がったレゴ、LaQ、6~9歳:将棋、ベイブレード、ポケモンカード、科学漫画サバイバルシリーズ、ヒックとドラゴン(小説)、9~12歳:縄跳び、ハイパーヨーヨー、デュエルマスターズカード、ハリーポッター(小説)、13歳~:部活(テニス)で忙しくなる・・とこんな感じです。この間、唯一子どもが頑張ったのはゲーム機を一切買わなかったことです。途中友達の家で夢中になって遊ぶことはありましたが何とか我慢して乗り切りそのうち興味が薄れ欲しいと言わなくなりました。ゲーム機を制限したことで体を動かす遊びや自分の好きなことを見つけ新たな趣味を身に着けることができました。今でもスマホやインターネットなどは1日数分~30分くらいで時間を有効に使えていると思います。少しでも参考になれば幸いです。
クリニックの間取り(2020.7.18)
クリニックは北東の角に建つビルの3階にあります。北東の壁は全面ガラス張りで見晴らしがいいです。(この構造が気に入りすぐにここに決めました。)待合スペースを外側に設置したので院内はとても明るいです。その内側に同じ大きさの診察室が2つあり、診察の効率化と隔離目的のために設置しました。1つの診察室に大きめの窓があり定期的に開放することで診察空間全体の換気を行っています。以前から間取りの設計をするのが好きで、自宅のリフォームや新築の間取りの設計を自分でやってきましたが、今回のクリニックの間取りを考えるのが一番苦労しました。cm単位でこだわりました!待合の床、診察室のドア、受付カウンター、トイレの壁紙が特に気に入ってます。
おねしょ(夜尿症)で悩むお子さま、ご家族の方へ(2020.7.8)
6歳以上で月数回以上のおねしょが続く場合を夜尿症と診断します。医療機関で適切な診断、治療を受けることで自然経過より3倍近く早く治ると言われています。小学生低学年で10~15%、高学年で5%と頻度の高い疾患です。
普段から夜尿症の初期の対応にはゆっくりと時間をかけたいと思いながらこれまでは慌ただしい診察時間の中で最低限のお話をするのが精一杯でした。今はコロナの影響で診察時間にゆとりがあります。おねしょで悩むお子さま、ご家族の方に一度受診していただけたらと思います。夜尿症の原因の検索、生活指導、薬物療法、アラーム療法などを行っていきます。月に2回ほどの診察で経過を診ていきます。お気軽にご相談ください。
プロフィール(2020.7.5)
高校以降は経歴に書いてありますが、出身は福岡県福岡市です。今でも実家に帰ると博多弁で話します。福岡、東京、山梨、札幌とそれぞれ10年以上長く住んで来ましたがどこも大好きです。
福岡育ちなのに暑さに弱く段々と涼しくなる秋が好きです。そのため秋に咲く秋桜(コスモス)が小さい頃から好きでした。ちなみにラベンダーも好きなので札幌に居た頃は毎年富良野に行っていました。クリニック名を決める時に「成城ラベンダー小児科」も考えましたがこれは周囲に反対されました・・。
「成城コスモス小児科」、サ行が多くて少し言い辛いですが、どうぞよろしくお願いいたします。
はじめに(2020.7.3)
開院してもうすぐ2カ月になります。
このコーナーではクリニックの状況や情報、私の思う事などを少しずつ書いていこうと思っています。初めて受診する方も身近に感じていただけたらと思います。
早速ですが・・このコロナ禍でクリニックへの受診を控えざるを得ない状況からでしょうか、患者さんの来院はかなり少ない状況です。一人一人の患者さんの診察時間をより大切にしようと思っています。受診の際には些細なことでも構いませんので気軽に聞いていただき少しでもお役に立ちたいと思っています。
所在地
〒157-0066
東京都世田谷区成城6-8-6
サラブライト成城 3F
電話番号
03-3789-1177
診療科目
小児科
院長
渡邊 美紀
アクセス
成城学園前から徒歩2自転車でお越しの方は1階薬局前に駐輪スペースがあります。 ベビーカーでお越しの方はそのままエレベーターで3階までお上がりください。
※:予防接種・乳幼児健診となります休診日:水曜日午後、土曜日午後、日曜、祝日
診療時間 日祝
9:00~12:00
13:30~14:30 予約※ 予約※ 予約※ 予約※
14:30~17:00
地図
成城学園前から徒歩2
PAGE TOP
オンライン
予約
CLICK
  1. tel.03-3789-1177